食べ物の陰陽分類

食べ物を陰陽の性質ごとに大まかに分類してみます。

極端に陽性の食物

精製塩

鶏肉(鶏、鴨、きじなど)
獣肉(牛、豚など)
チーズ
魚介類

中庸の(陰陽のバランスのとれた)食物
全粒穀物
豆類や豆を原料とした食品
温帯性の野菜
海藻
海水からとった天然のあら塩、植物油
刺激の強くない飲み物
ナッツ類
温帯性の果物
米あめ、麦あめなど精製していない自然甘味料

極端に陰性の強い食物

白米など精白した穀物
冷凍食品、缶詰
熱帯性の果物や野菜
牛乳、クリーム、ヨーグルト、アイスクリーム
刺激の強い飲み物(コーヒー、紅茶など)
香辛料
砂糖など精製した甘味料
アルコール
防腐剤、着色料など科学物質を含んでいる食品


陰陽の極端な食べ物は月に数回程度にし、中庸の食べ物をより多く食べることで食事全体のバランスを保つことが出来ます。
安心のお野菜はこちら

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。